SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< まるちーず先生、熱く語る(笑) | main | 本当は、シンプル。 >>
自分という「自然」に出会う7日間講座
0
    世にいう 
    <アセンションイヤー 2012年♪>




    アセンション= 次元(バイブレーション)の上昇
    が意味するところは、つまるところ

    1人1人の意識の成長・変化 にかかっているのだと
    確信しています。




    私自身もまた、大きな<内的変容>を体験した1年でした。

    そのプロセスを いつもサポートしてくれているのが、
    LomiLomiであり、音楽であり、素晴らしい仲間たちと過ごす時間。

    いま、自分に日々起こっている 出来事や、出会いは
    「喜びとギフト」でしかないと 感じています☆


    この度の7日間講座は、滋賀県大津市にて
    3名の生徒さんと一緒に過ごさせていただきました。
    (今までは、最大2名までで行ってまいりましたが、
     今回の体験から、3名体勢がベターということがわかりました)



    たったの7日間。。。

    ですが、

    ALOHAスピリットに触れて、
    これほどまでに 

    おひとりおひとりの内側の輝きが
    目に見えて 増してゆかれる姿
    を目の当たりにして

    私も、
    何にも変えられない 幸せを頂きました☆


    2013年も
    ALOHAスピリットとともに生きる日々を
    たくさんの方々と 共にあゆめたら幸せです。





    ★M.Hさん★

    あっという間の6日+今日1日。貴重な時間でした。

    表現することに難しさを感じるくらい
    ハワイアンスピリットの奥深さに触れられた秋でした。

    カヒロアに始まり、ロミロミまで受けられるとは正直思っていなかったです。
    ロミロミを今、受ける必要がないように感じる気持ちと、
    だけど何かに強く魅かれる感覚と、迷いの中、受けたい方へ向いて行きました。
    今は受けられて本当によかったと思います。
    決断した自分を褒めたいです。

    一つ一つがうれしいような懐かしいような、
    言い表せない感覚がありました。

    チャントは体の奥深くに響き渡り、無意識に蓋してきた何かが刺激されるような、
    呼び覚まされるような不思議な感覚でした。

    手技は4分の1でしかないけれど、
    毎回積み重ね全身がつながっていく楽しさは
    12年前のスクールでの記憶がよみがえり、
    初心に立ち返ることが出来た時間でもありました。

    今まで、自分なりに積み重ねてきた時間や思いと、
    これまでに二度あった「ボディワークには向いてないのかも、辞めた方がよいかも」の
    自分を卑下した記憶を思い出しました。

    だけど、好きだし楽しいしでここまで来させてもらえたことにあらためて感謝です。
    そんないろんな気持ちが入り混じって、練習中に涙が出てきて、
    出だしたら鼻水も涙も止まらなくなったのも貴重な経験でした。

    今までなら、確実に我慢した場面だし、
    そこで泣いてみることを自分に許した自分に驚いたくらいです。

    浄化と解放。身を持って感じることが出来た気がします。

    練習を重ねるたびに、体を大きく動かして使って全身が開くし、
    自分の体もゆるんで心もゆるんでいきました。

    心が固いわけではないですが、
    何だか奥の方がさらにゆるむ感じ。

    集中し続けて感覚を研ぎ澄ませるのは、中国拳法のお稽古に通じるものがあり、
    言われていることは同じなんだとも思いました。

    「自分を感じることに、自分がどう感じるかに集中すること。」
    という言葉でさらに開かれたというか、届きかけたというか。

    いかに自分の声を聴いているようで、素通りしてきているか
    ・・・気づかされました。

    今は、毎回が気づきの連続で、ロミロミを受けるより、
    させてもらうことの方が楽しくて仕方ないです。
    サロンのメニューに組み込んで行けるように、
    もっともっと感覚を研ぎ澄ませ、感じていきたいです。

    先生と仲間に恵まれたことに感謝します。

    <後日談も頂きました^^>

    ロミロミをしている時、
    自然になりきること・なりきれることを楽しんでいて

    ふと、
    本来はいつでも「自然の一部」なはずやのに
    (ということはいつもロミロミをしている時の楽しさが続くのに)、

    やっぱり「人間」で生きている瞬間が多い自分に気づかされました。

    瞬間、瞬間で「あっ、また人間」って自分で突っ込んでます(笑)

    今、感謝祭に向けてのごはん作りを担当させて頂いていて、
    大きな大きな冬瓜!とか固い南瓜を何個も!とか
    この包丁で切れるかな〜?!と思ったけれど
    自分に集中〜、そしてALOHA〜とHAの呼吸を野菜に、包丁に。
    スパン!といけました\(^o^)/
    いや〜、これはほんまにすごい事を教えてもらえたという実感が
    日に日に押し寄せてきてます。
    ありがとうございました!!!!!



    ★H.Yさん★

    10月6日から始まったロミロミ講習、
    今回受講させていただけたことを本当によかったと感謝しております。
    友人が「ロミロミ受けるからペアになって」と言ってくれたのも、
    偶然ではなく必然だったのだな・・・と今になり実感しています。

    ロミロミは単なるマッサージではなく、
    大自然のエネルギーと繋がるツールであること。

    施術している自分自身がその中を泳いだり、
    軸という根っこをどっしり地に張っていくようなものだなと実感じました。

    自分の中の中心にあるものと何かが共鳴しているような、そんな感覚です。

    あふれてくるキモチやあったかい愛。
    ありがとうのこころ・・・
    全てあるんだよという安心感。
    ロミロミにはそういうものが全て詰まっているのですね。

    Hawaiiで出会った自然の神様や精霊たちを感じながら、
    あったかい愛をこめてロミロミ施術して行きたいと思います。

    人生の大きな変化のときにロミロミとこのメンバーに出会えて本当によかった・・・
    ありがとうございます。



    ★M.Aさん★

    「ロミロミと私」

    これまで全くご縁が無かった物ごとに、短期間でこれだけ
    深く関わることになったのは人生初です。

    今になって考えると「これからはALOHAに投資!」と
    高らかに宣言したのが決定的な瞬間だったかもしれません。

    ロミロミ、という名前は知っていましたが、
    美容的なボディートリートメントだと思っていました。

    しかしカヒロア、ロミロミと学ぶうちに
    自分の中の認識がどんどん変わって行きました。

    これは気持ちのトリートメント、しかも自分自身に対してでは?

    そう思った時に、思いがけず深く自分と向き合うことになり。
    目の前の物ごとに集中すること、感じること、何よりもここに居ること。
    その難しさを知りました。

    日常の物ごとに追われ、
    自分を返り見ること無くルーチン化した毎日を過ごす、その怖さを知りました。

    人に対することは、自分に対することでもあると。
    人に触れることは、自分に触れることでもあると。
    人に丁寧に接することはまた自分にも。
    思いやることは言うに及ばず。

    自分という存在を認識するには他人の存在が必要不可欠ですが、
    その他人が自分の鏡のようであると言うのは
    非常に興味深く、面白く感じます。

    愛をもって人に接するには、
    何よりもまず自分自身を愛していなければダメだなと思いました。

    ロミロミを通して、自分を、自分自身を受け入れる事を学べました。
    それが出来た時に、「私のロミロミ」がカタチになっていくのかもしれません。

    素晴らしい仲間と一緒に LiLiさんの教えを受けられた1週間は宝物です(^^

    これからもよろしくお願い致します。


    ◆ 'ano'anoの LomiLomi講座について ◆
    'ano'anoHPより:http://anoano.jp/salon/course.html

    ☆その他の体験談はコチラから☆
    http://cocorone.anoano.main.jp/?eid=1144820
    | Lomi Lomi | 20:58 | comments(0) | - | - | - |