SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
晴れ女っぷり炸裂♪
0
    ミラクル宮古島から 帰って参りました♪

    出発当日、
    フィリピン沖で発生した大型台風
    台湾辺りで猛威をふるっている中、
    台風めがけて出発したわけですが^^

    さすがに 悩みましたね〜。。。

    『飛行機飛ぶの〜???』
    『たとえ行けても 予定通り帰れるのかな〜???』
    『無理して行っても 宿から一歩も出れないとか???』


    はじめての宮古島、
    最大級の台風
    荒れる天候の中の飛行機


    やーん


    でも、出発前日も 当日も

    ひいたカードは

    マナカードの マウイやら、
    マスターカードの ガネーシャやら

    『つべこべ言わずに 行ってこんかい!』的メッセージの数々。

    Yes!Yes!
    Go!Go!

    って、神様〜〜〜(泣)


    羽田空港に着いても
    『那覇までは飛びますが、その先はわかりません』と言われ
    実に 受け付けリミット5分前まで悩んだけれど、

    最後はちょっとした冒険心が勝って

    えいっ
    と。

    乗っちゃいましたよ、飛行機に。
    まさに 特攻隊気分

    晴れ女を自負してはいたけれど
    巨大台風に突っ込むのは やっぱり恐い。


    でもですねー

    あれ?あれ? あれれ〜?


    ほとんど揺れもせずに 宮古に着陸。

    さすがに 湿った強風が吹き荒れる宮古島ではありましたが
    一度も傘のお世話にならずに 2泊3日を過すことができました!!



    お店に入ると 雨が降る。
    店から出ると 雨がやむ。^^

    最終日なんて 竜宮城のような美しい海で泳いだし☆

    泳ぎ終わると また雨が降りはじめる。。。
    車を出ると 雨がやむ^ー^

    映画のセットのようでございました。


    そして、
    実質2日間というショートステイとは思えないほどの中身の濃さ。

    ミラクルいっぱい!
    出会いいっぱい!

    一度では書ききれないので
    連載に致します^^

    | 旅ごころ | 23:26 | comments(2) | - | - | - |
    ひろがるご縁☆
    0


      2泊2.5日とは思えないほど
      ミラクルが濃縮された 宮古時間

      はじまりは 宮古島空港にほど近い カフェ☆SunnySide☆
      (ブログは☆SunnySide☆をクリック♪)

      今回の旅に導いてくれた 私の天使、shantiちゃん

      岩手出身 ⇒ 京都で修行 ⇒ 宮古島で活動 ⇒ ハワイで運命の出会い♪

      という流れでご縁させて頂いている とびきりフェアリーなヒプノセラピスト☆
      ★シャンちゃんのヒプノサロンはこちら★


      東京に住む今も、度々宮古島に通っては
      セラピー活動をさかんに行なっているシャンちゃん。

      『紹介したい人が いっぱいいるん!』


      熱心に誘われ、わけもわからず 台風のど真ん中に降り立った宮古島。

      セラピー中のシャンちゃんの お迎えを待つべく
      タクシーでたどり着いたカフェ サニーサイドで
      早くも私は 素敵な出会いに巡り会うのでした。

      サニーサイドカフェのオーナー かわちゃん♪

      忙しい接客の合間をぬって たくさんおしゃべり☆


      この日はシャンちゃんとの夕食に おなかをすかせておくべく
      アイスチャイしか頼まなかったのが悔やまれる。。。

      なぜなら、後日食べたロールケーキが 超特級のおいしさ!

      本当はここの名物 特濃チーズケーキが食べたかったのだけど
      その日はもう売り切れで。。無念!

      ちなみに、季節の素材を使ったマフィンも 本当に美味しかったです☆

      さて、オーナーかわちゃんは 
      お里は千葉で 宮古に住んで7年目くらい。

      かわちゃんが大切に営んでいる この素敵カフェは
      ちょっとした情報基地のよう。

      色々お話が進む中、かわちゃんにとっても私の突然の来訪が
      ちょっとしたミラクルタイミング!の出会いとなったようで、
      後日急遽、Kenさんのフラワーエッセンスリーディングを受けることに☆

      そしたらすかさず、他の方にも声をかけてくださって
      3人もの方と Kenさんのご縁をつなぐことができました♪


      かわちゃん 素敵!!

      もちろん、この日も
      みなさんあっと驚くミラクルリーディングになりました♪
      Kenさん素晴らしい〜!
      ★Kenさんのフラワーエッセンスリーディングはこちらから★


      この度はもう一人、
      嬉しい出会いがありました☆

      魅力的な香りがぷんぷん漂う 
      素敵セラピスト&ヨガティーチャー ちはるちゃん☆

      ★ちはるちゃんのブログはこちら★

      夜は市街地の 素敵カリビアンBarで働くちはるちゃん。

      初日の夜に お店でクリスタルカードリーディングをプレゼントしたお礼にと、最後の日におうちに招いてくださって 遅めのランチをおごちそうになりました。

      そのおうちの素敵だったこと!!!!

      海の見える瓦屋根のおうち
      落ち着く空間
      気持ちいい音楽
      かわいいニャンコ。。


      ああ、このままここに住みたい。。

      ちはるちゃんとのトークは とても深く、楽しく、
      そんな彼女のヨガとタイマッサージを私も一度受けてみたいわ☆
      と、すごく思いました。
      ★ちはるちゃんのサロンはこちら★

      短すぎるよ、2.5日!!(笑)



      しかし、まだまだ続く 宮古島紀行 
      次回は 『宮古島とうずまき』について(?)

      | 旅ごころ | 22:12 | comments(0) | - | - | - |
      旅のはじまり☆
      0
        ネットがつながらない場所が多いため
        時間差でお届け致しております


        ☆ツアーレポート第一弾☆


        経由地、バンコクに到着。


        実は2度目のバンコク。

        でも、前に来たのは
        10年近く前だったこと、
        ネパールに行く途中のトランジットで 
        夜について一泊し、朝に発っただけだったこともあって なんだか新鮮。

        現地のことに詳しいスタッフの方が同行してくださるおかげで
        まったくもって ストレスフリー♪


        12人分の 山のような楽器や機材をタクシーに積み込み
        市街地を目指す。
        東京からの荷物は 占めて100Kg!

        宿に荷物を置いたあと、
        トウクトウクという3輪タクシーを乗り継ぎ市街観光。


        タイのトウクトウクはファンキー♪

        日没後のチャオプラヤ川のほとりから 水上タクシーに乗ったり
        屋台でタイ料理を お腹いっぱい頂く。
        しめて一人100バーツ。

        1バーツ=3円くらいなので、
        驚くほどの安さ。


        思っていたほど バンコクは暑くなく、
        常夏の国の気候が性に合う私には 早くも幸せ気分を満喫。



        異国の地に降り立って感じる
        温度やにおいに 


        過去の色々な記憶が刺激されるのが 好き。

        基本的に、知らない土地に来ても
        緊張もしないし いつも いたってニュートラルな私ですが

        旅先というのは
        自分が 何者でもなくなって 
        ただ、ここにある 存在だけになるから
        自分という本質が浮き彫りになる。


        そんな旅のはじまりの 研ぎすまされた感覚の中で

        以前よりもずっと
        自分に安心している私がいて 嬉しい。

        一抹の寂しさや 心もとなさや せつなさに見舞われなくなったのは

        大切な人たちとしっかりつながっていることへの感謝と
        自分の人生を 心から愛せるようになったことへの信頼が増したからか。



        明日はカンボジアの国境を越える。


        ツアーメンバー 総勢12名の 
        かけがえのない 時間が始まります。
        | 旅ごころ | 20:39 | comments(1) | - | - | - |
        カンボジア入国
        0
          前日受けた タイマッサージのお陰で
          長旅の疲れも残さず さわやかに起床♪


          ☆ツアーレポート第二弾☆



          2日目は 陸路でカンボジア国境を越える。


          国境越え前の待機場所♪



          国境でバスを降りて、歩いて入国管理局へ。


          手続きを待つ長い列は なかなか前へ進まない。


          のんびり のんびり。


          手続きを済ませ、新たなバスをチャーターし、
          目的地、シェムリアップを目指す。


          突然、車窓から見える風景が一変。
          ちょっぴり 混沌の気配。



          舗装されていない道路が 延々と続き
          道路脇に点在する家々も 極端なあばら屋へ。

          延々と続く まっすぐな道のほとんどが 
          土けむり舞い立つ でこぼこ道。

          振動で楽器の調整が狂わないか 心底不安になるほどの悪路が続く。


          車線がないところはもちろん、
          たまに舗装されて車線が引いてあるところでさえ
          対向車線の車が いきおいよくこちらに向かってくる。
          どっちがゆずるか、ぎりぎりまでわからない(笑)

          すべては 『自己責任』 のコギミよさ♪

          バイクなんて、3〜5人は普通にあいのり。
          すさまじい量と大きさの荷物を 小さなバイクでなんなく運ぶ。


          カンボジア最初の滞在地 シェムリアップは
          なんだかとても 懐かしいにおい。

          ゲストハウスも あたたかい雰囲気。
          (蚊の大群や 時々止まるシャワーはご愛嬌^^)

          ご飯も タイ料理よりマイルドで
          何を食べても 強烈においしい(笑)



          確実に 顔は丸くなりました。。。



          シェムリアップ 2日目の演奏先は
          アンコール遺跡群の敷地内にある 孤児たちの学校。

          遺跡や 木々に囲まれた中に ひっそりとある
          素晴らしい環境。


          子供たちの個性は 様々だけど
          シャイで はにかみやさんが多い気がしました。

          ツアーメンバーの4分の3が 
          ハイパーでノリノリの関西人。

          ガッツリ最初から盛り上げにかかる 私たちに
          照れに照れてる 子供たちが可愛い。


          各自、色々仕込んできた曲目を
          子供たちの様子を見ながら アレンジしたりしつつ
          最初のライブは 試行錯誤☆


          3組のミュージシャンの演奏と 1人のパントマイム演技を
          長時間 しっかり見てくれて みんなありがとう。

          | 旅ごころ | 20:40 | comments(0) | - | - | - |
          希望の味
          0
            ☆カンボジア旅行記第3弾☆

            この日も 朝から 

            あたたかくて なつかしくて 
            何ともいえない 幸せな空気に包まれて



            細胞全部が 喜んでいるのがわかるくらいの
            ゆる〜い ハイテンションを味わっていました。

            石と巨木の時間だけが いまも昔と変わらず続く
            タプロム遺跡










            石たちに刻まれた 様々な彫り模様が
            いまも 生き生きとした踊りや おだやかな笑みを投げかけてくる
            アンコール遺跡群を散策していて








            そこ ここに あふれている
            不思議な安心感と 満ち足りた気持ち
            どう表現したらいいのか 

            自分のカラダに刻まれた 感覚の記憶をたどっていると
            思い出した ワンシーンがありました。


            幼い頃

            団地の 家の斜め前の空き地に
            ふかふかと 生いしげるクローバー畑

            気持ちよく寝転ぶと

            すっぽりと 草のにおいにおおわれて
            風にさわさわ ゆれる みどりの手になでられながら

            午後の オレンジ色が濃くなった 光の中に溶けて

            ただ その心地よさだけに浸っていられた幸せな時間


            学校から帰って 
            夕ご飯の時間までのひととき


            自分だけの 自由を
            何の不安もなく カラダいっぱい吸い込んでいられた
            幸せな時代の一コマ。


            今日という日を 思い切り生きて

            自分の未来に限界値を設けず 
            喜びと希望を餌に 生きていた あの頃の味
            自分のなかに ふわっと よみがえってきて 
            ジーンときました。



            カンボジアに入ってから なんとなく
            ずーーっと味わっている この幸せはなんだろう。




            裸足にサンダル
            洗いざらしで着古した服
            倒れそうな骨組みの木の家々に住む 大家族
            土ぼこりで コンタクトレンズがつらい 土の道
            粘り強くものを売りにくる ちいさな子供たち
            道々に散乱する ゴミの山


            でも、確実に 

            日本から音を届けにやってきた 私たちは
            この国の空気を吸って どんどん元気になっていました。



            学校で 新しいことを 少しずつ覚えていくこと

            友達と 今日は何をして遊ぼうか? と ワクワクすること

            帰り道に 色々な発見をすること

            草花の汁で 色水を作るのに夢中だったこと

            雨の日の 増水した水路に長靴で入ること

            ご飯の仕度が できたにおいに いつだって心躍らせていたこと

            たまの日曜日に お父さんが家に居ること

            愛犬が おいしそうな音を立てて 残飯ご飯を食べるのを 
            飽きずにずーっと眺めていること

            お風呂掃除で お風呂を泡だらけにするのが好きだったこと

            麦茶に砂糖を入れると 魔法のようにおいしくなることにトキめいたこと

            一冊のお気に入りの本を 繰り返し読みながら 
             その物語の世界に 丸ごと入ってしまうことが出来た時代

            サンタクロースに お菓子と感謝状を添えて
            次の日の朝 その小さなお礼がなくなっているのがとても嬉しかった時代 

            自分の想像力で 段ボール箱が家になったり
            空き地が基地になったり

            神様とも 自由にはなしが出来て 
            たくさんの希望を叶えてもらっていたあの頃の

            色んな 小さな幸せの記憶が
            こんなにもたくさん よみがえってきたことに驚く私。








            いま ここにある幸せ
            希望に向かう姿勢
            感謝する心
            必要なものと いらないものの見極め方
            側に居る人への 思いやり etc...


            いまと未来を切り開く 良き力
            ここに来て たくさん頂いた気がします。 


            日本に住む私たちも
            もっと 元気になれるはず。


            時間という 幻想
            不安という 思い込み
            無力感という 流行病
             を乗り越えることは 

            実は

            たったひとつの 出会いや
            たったひとつの 気づきから 始まったりするのだ
             と思うと


            多少のつまづきには負けないぞ、という ちからが
            カラダの底から わいてくるような気がするのでした。

            | 旅ごころ | 15:52 | comments(2) | - | - | - |
            みんなで奏でる
            0
              ☆カンボジア旅行記第4弾☆

              前にも書かせて頂きましたが

              このカンボジアツアーでは終始、 参加者自身が思いきり楽しんでいた
              それぞれが “新たな想い”や“発見”をおみやげに
              フレッシュなエネルギーを たくさん頂いて帰って来ることができました。

              今回の旅、
              主催者H氏が 長年カンボジアで築き上げてきた活動の成果と
              現地の信頼できる人脈に支えられて 実現した企画。

              おかげさまで、
              毎日毎日が 本当に充実していて
              思いがけないミラクルにも あちこちで遭遇。

              予定していなかった 村の新しい小学校の開校式典に急遽参列。
              500人近い人たちの前で 演奏&植樹までしてしまったり!


              できたての教室でお給食をいただく!



              何度となく現地人と間違われた私ですが この日は浴衣で♪

              街の広場での ゲリラライブでも
              たくさんの人たちが見に来てくださって 
              シャイなカンボジアの人たちが 最後には
              手拍子と歌声と踊りで盛り上がる姿に 心躍らせたり。

              当初、3カ所でのライブを予定して来たなかで
              5回のライブを実現☆



              屋上の気持ちよい風に吹かれてリハーサル♪

              みんな
              ボランティアをしている、という意識はほとんどなく

              『音と心を届けたい』
              『なぜなら、それが 自分たちの喜びでもあるから』

              気持ちのよいスタンス。

              一人一人が 違った個性で
              アイディアを出し合い 役割を分かち合い

              益々 お互いのことが好きになったり
              自分についても 色んな発見をしていったり

              突っ込んだり 突っ込まれたり(笑)

              それもまた楽しい時間。



              日本で集まった絵手紙は 無事カンボジアの子供たちのもとへ☆

              お金に余裕があるとか
              時間を持て余しているとか


              日常的に
              そういう状況とは 無縁の私たちですが

              心から求めて
              行動を起こした時に生まれる かけがえのない時間たち。




              ここで出会った人たちや 思いは
              これからも ずっと 大切に育ててゆきたいです。



              愛する歌姫 aiちゃんのカンボジア旅行記もどうぞ♪
              http://blogs.yahoo.co.jp/manamana0621/archive/2009/2/10

              大好き!関西ミュージシャン☆AKIRAのHPもご紹介!
              http://sound-akira.com/
              | 旅ごころ | 09:44 | comments(0) | - | - | - |
              ミラクルアイランド☆屋久島☆
              0
                ネット事情がよくなかったので、
                ぼちぼちと お伝えしてまいります、屋久島紀行☆



                今回 2度目の屋久島。

                前回訪れたのが 冬だったので、

                むせかえるような緑と
                抜けるような 青空と海、
                パワフルな陽射しが 嬉しくて嬉しくて。





                到着するなり、ミラクル炸裂(笑)


                1時間に1本くらいしかないバス便でゆくか、
                タクシーに乗るか、

                「どうしようかね☆」 なんて、
                相談していた矢先に、

                行く手前方から ラスタなお兄さん
                にっこにこ顔で 私たちに向かって一直線に歩いてくる。

                「君たち、足あるの〜?」


                もちろん、ない。(笑)


                「バス料金より安い値段でいいから 乗ってゆかない?」


                笑顔が素敵で 信頼できそうだったので

                「OK!よろしく!」と お願いすることに。


                どうやら、彼は2日前に屋久島入りしたばかりらしいのですが

                それで、タクシーもどきをやろうと言う根性が素晴らしい☆(笑)

                いきなり、道を間違えて
                港から出て 目的地とまったく逆方向へ
                しばらく 車を走らせてしまったのは笑えたけれど、

                色々お話しをしてみると、
                いつもお世話になっている 浜松のPayakaさん
                どうやら 彼も懇意にされているらしいことが発覚☆★☆


                “世の中は、狭いもの”  

                とはいえ!!


                フェリー乗り場には
                私たちよりもずっと、彼と似たような格好をした人たちが 
                たくさんいたにもかかわらず。。。


                「どうして 私たちに声をかけたのー?」

                とたずねると、

                「だって同じにおいがするからさ!」




                初日にしてこれ☆



                夕方合流した女の子も
                同じにおいがしたので、 たずねてみると

                ここもまた Payakaつながり!


                おそるべし 懐の大きさです、 Payaka☆



                到着してすぐ、


                海で泳いだり、


                ガジュマル園でヤブ蚊と格闘したり(笑)


                気づいたら、


                私、初日にしてこの黒さ。。。(笑)



                これから1週間いたら
                どんなことになるでしょうか♪




                | 旅ごころ | 23:15 | comments(1) | - | - | - |
                根付きたい、そして羽ばたきたい
                0
                  いましばし、山口帰省中のLiLiですが、

                  この数日間は
                  これまであまり足を運んでこなかった 
                  未踏のエリアに家族旅行中であります。



                  宇部から北上したあたりにある 長門や
                  そこから少し西へと向かった 特牛(と書いて"こっとい”と読む!!!)へ。

                  地元が 実は
                  こんなに綺麗な海水浴場の宝庫だったなんて知りませんでした!

                  橋を渡った角島周辺なんて、
                  わざわざ沖縄行かなくても十分なのでは!? と興奮するほど
                  息を飲む美しさ♪



                  最近、色々なところに旅にゆくことが多いですが

                  各地の特色のある 自然や文化や食などに触れると、

                  ああ、
                  ここでしか出会えない
                  こんな素晴らしい土地の 人や自然たちが 
                  いつまでも幸せに共存してゆけますように・・・

                  という思いと同時に、



                  私も、そろそろ 
                  自分にとって大切な場所を見つけて
                  そこに根を深く下ろして、


                  その土地や人や 仕事や家族を大切にして
                  まるごと一緒に 大きく育ってゆきたい!という思いが
                  ムクムクとわいて来て しかたがありません。


                  兄夫婦の かわいい 甥っ子姪っ子ちゃんたちの
                  目覚ましい成長ぶりを見ていても、

                  老いゆく両親の 孫と遊ぶ笑顔を見ていても、



                  人と人との 様々な関わりあいや 
                  すべての人を取り巻く 変化の時期、そのかたちなど

                  これまでの色んなことが クルクルと
                  早回しのように思い返されてきて
                   そして、


                  長年、
                  チグハグだったり あちこち飛び散っていた思考とハートの破片

                  いまという瞬間の風景に カチリ☆ とかみ合ったような

                  そんなふうに感じる 今日このごろ。


                  家族って、 本当にたくさんの学びのテーマを与えてくれる
                  濃ゆく かけがえのない “最強のご縁集団” だな、と。(笑)


                  先日、
                  鎌倉の 長谷にある大好きなお店 middlesさんで、
                  ひと目見て釘付けになり 衝動買いしてしまった 
                  メキシコのシャーマニックなお守りアニマルがあるのですが、




                  これを作った ウィチョル族は 
                  ペヨーテという 幻覚作用のあるサボテンを食べて
                  このように美しい作品を作り出します。

                  この子はちなみに クマですが、
                  わきに描かれている 鹿が 彼らに取っては神様

                  神様である鹿が歩いた足跡にしか生えないというペヨーテも 
                  言ってみれば神様で、

                  世界はすべてつながっている という感覚を持って生きている
                  興味深い一族なのですが、


                  (上から見ても可愛い!)


                  この子を買うと決めて、
                  嬉しくて しげしげ 手の上で眺めていたところ

                  こんな本を貸して頂きました♪♪♪



                  『神の肉〜テオナナカトル〜』
                        by 杉山 明



                  ウィチョル族が 美しい糸のグラデーションを使って生み出す
                  この独特の作風と、 
                  同じ手法で 作品を作っている日本人がいると。


                  それが、この本の作者 AKIRAさん。

                  実話であるこの作品

                  彼が図らずも(?)生まれ落ちた家族をとりまく 
                   パンチの効いた“人生劇場”。


                  最近読む本、読む本、
                  ジャンルも スタイルも様々なのに

                  なぜか 根底に
                  恐ろしくピタリ★と つながってくる『何か』
                  がある気がします。


                  こちらも かなり面白い本なので
                  是非是非おススメです★


                  そして、
                  middlesさんには 面白い本がたーくさん 貸し出されています★

                  ちゃんと返せる自信がある方(笑)

                  是非、middlesさんに遊びに行って下さいね!






                  | 旅ごころ | 23:27 | comments(5) | - | - | - |
                  LOVE群馬♪
                  0
                    久々に、2泊3日で 超プライベート★な小旅行へ♪

                    日本一の温泉地 草津(群馬)と
                    ゼロ磁場で有名な 分杭峠(長野)のハシゴ旅。

                    泊まるところだけ決めて、 あとは風まかせ。

                    極上のお天気に恵まれた3日間。

                    立ち寄るところすべてが 五重マル!!

                    ココロとカラダが デトックスされましたラブ


                    まずは、
                    なんとはなしに、ふらりと立ち寄った榛名神社
                    心を奪われてしまいました。。。

                    大岩に抱かれて ひっそりと 
                    荘厳なたたずまいの榛名神社。




                    入り口も素晴らしかったですが、
                    門をくぐり 渓流沿いの小径を気持ちよく歩いてゆくと・・・


                    何やら、巨大な岩のふもとに。。


                    門構えに鼓動が高鳴る。。



                    一枚板を加工した 細工も渋過ぎです!


                    職人技。。。


                    上から眺めても やられます。


                    青空を彩る 紅葉の額縁★

                    とっておきの本殿
                    は、
                    行かれる方のお楽しみにとっておきましょう♪


                    ただただ、感動。
                    出逢いに 感謝。


                    初日 初っぱなにして、
                    「もう ここに来れただけで 今回の旅は大満足です。。」

                    という気持ちになりつつも、
                    草津に到着直前で立ち寄った “かやぶきの郷”
                    http://www.yakushi-hatago.co.jp/service.html

                    ここも かなり最高!指数の高い中継地となりました。

                    敷地内にある そば処、 

                    「このそばを食べるために またここに来た〜い!」
                    うなってしまうほど 素晴らしい味でした。

                    こんなにもソバらしいソバって、
                    実はなかなか食べれてないものだなあ、、、と 感動のため息。


                    そして たどり着いた草津温泉。

                    山あいの草津は、すでにかなりの冷え込みで
                    湯畑には あったかそうな湯気が立ちのぼる。


                    夜の湯畑★

                    草津の湯は 日本一の湯量を誇るらしい。
                    かけ流しのお湯は かなり高温&酸性。

                    あつくてあつくて、浸かるのに一苦労♪

                    無料温泉が点在する中心街で、
                    一晩に3つの温泉をハシゴ。

                    そんなわけで、
                    へとへと ぐっすり★


                    翌朝もいいお天気。

                    長野に向かう 道すがらの景色もまた 
                    スコーン!と抜けるような絶景。


                    快晴!白根山系★


                    湯釜と呼ばれる カルデラ湖★

                    あまりに道中気持ちよくて、まったりしすぎたので

                    目的地 分杭峠は最終日に延期。
                    あわてないあわてない♪


                    諏訪湖畔では 温泉付き安宿でのんびり★

                    夕暮れ前、諏訪湖の周辺を自転車で散策。

                    たちより足湯も気持ちよくて、
                    行きと帰りと、2度とも入る。


                    諏訪湖の夕暮れ★


                    極細な三日月に癒される★


                    どんなに日々の仕事が大好きでも 
                    やっぱり、

                    色々な 日常のことごとから離れて
                    スケジュールとは 無縁で過ごす時間
                    って とっても大事。


                    最終日の分杭峠。


                    「ゼロ磁場って、いったいどんな感じなのかしら?」

                    と、好奇心に任せて選んだここが、
                    実は、今回のメインの目的地だったわけですが、

                    そこまでの道中が 充実し過ぎていて
                    気分はもう、

                    「まあ〜 寄っとくかな」的感覚。

                    近くまで来たところで
                    “ゼロ磁場の水”をペットボトルで販売している出店発見。

                    どうやら、
                    つい先頃 この場所がテレビ番組で紹介されたらしく
                    平日にもかかわらず かなりの人数が殺到しているらしい と聞く。


                    行ってみると、、、
                    かなりの込み具合。



                    ごくろうさまです。。。


                    ゼロ磁場の水を ポリタンクに汲もうとしている人の長い列を
                    遠巻きに眺めながら、

                    しばし 休憩。


                    「なんか感じる?」

                    「う〜ん、おもしろいことに 特になにも感じない」


                    そのコメント、ちょっとおもしろいよ(笑)
                    と、つっこみたくなったのは、

                    かつて、スピリチュアル大工という 異名を授けてしまったほど
                    エネルギー的なものに 素直に素晴らしく反応を示す彼だったもので。

                    「でもね、この場所 空気が柔らかいと思うし、呼吸も楽。」


                    ふんふん、
                    そういう感じなのね。

                    相変わらず、そういうことには 意外に疎い私は
                    評価は 彼にゆだねて 満足して下山。


                    あえて ゼロ磁場などの特殊スポットに行かずとも
                    日本には とびきり素晴らしい場所が こんなにもたくさんあるのね!! 

                    と、心から感動して帰ってきた 3日間でした。

                    群馬、最高!


                    秋も深まる あでやかな山★
                    | 旅ごころ | 03:30 | comments(2) | - | - | - |
                    カオハガン島へ
                    0
                      ワタシの場合、
                      いつだって 旅は日常の中に唐突に織り込まれて参ります^^

                      ハイ、
                      ただいま成田空港へ向かう列車の中です。
                      夕方にはもう、フィリピン。

                      おばあちゃんの実家に 久しぶりの里帰りです
                      (ウソ^^)
                      (南の島では、現知人に間違えられること必至です。笑)



                      今回も、
                      昨年のカンボジアチャリティーツアーに引き続き、
                      音楽を通して 広がるつながる国際交流♪ を目指して

                      カオハガン島 という、セブ島からさらに船でたどり着く 
                      東京ドームサイズの小さな島で、
                      島民の方々と一緒に 音楽を作ったりしながら交流を深めて参ります★

                      カオハガン島とは?
                      http://www.caohagan.com/
                      http://www.chieichiba.net/2nd/weekly/059caohagan2.htm


                      関西の素敵アーティスツの皆々様とともに
                      東京からはおなじみ、 縫〜Nui〜のフルメンバーでの参加です。


                      私の旅の動機は いつも、
                      非常に あっさり、さっぱり味。

                      「その場所で 音を奏でてみたい♪」



                      “旅とsax”


                      日常的には 様々なことをしながら暮らしている私ですが、

                      もしかすると、
                      一番のこだわりは ここにあるのかもしれない

                      ときおり、
                      そして
                      たびたび、

                      “思い出す”ように 思うことがあります。


                      そんな、
                      ライフワーク的な旅へと 出発して参ります★


                      帰国は5日。

                      島でネットがつながるとは思えないので^^

                      ご予約メールへのご対応や 生存報告(笑)は 
                      約1週間後になると思われます♪



                      そして、
                      この旅とは 全く(?)関係がありませんが^^

                      帰国後すぐに、
                      ものすごーく楽しみにしているライブがあります。

                      出会ったばかりにして(笑)、愛してやまない 
                      素敵すぎるユニット TAYUTAさんとの縫の ツーマンライブ!!

                      TAYUTA:
                      http://tayuta.hiho.jp/

                      これはもう、
                      本当に 

                      大切な方々、みーんなに聞いて頂きたい 
                      スペシャルな音のシャワーです♪

                      是非是非、
                      ご都合のつく方は あそびに来てくださいませ!

                      8月13日 「エビス駅前夏祭り」

                      @ヱビス駅前バー3F,4F
                      http://www.ebisubar.jp/access.html
                      出演
                      TAYUTA/縫-Nui-
                      OPEN 18:30
                      START 19:30

                      料金:チャージ¥2000+ドリンク
                      または、チャージ¥2000+¥2500でライブタイム飲み放題


                      それでは皆様も
                      ひきつづき 楽しい夏をお過ごしください♪
                      | 旅ごころ | 10:35 | - | - | - | - |